All Videos and Words

Courtesy of Wajimaya Zen-ni

 

善仁 ビデオ 以下 完全OK 

上塗り  No.8 

下地塗、地研ぎ、中塗..と長い時間と工程を経て、漆器づくりは最終工程の上塗に入ります。上塗り作業はチリやホコリを嫌うので、上塗り部屋には上塗師以外の人間は入れません。上塗に使う漆は何重にも重ねた濾し紙でゴミを除去し、塗った後に付着したホコリはフシ上げ棒を使って丁寧に取り除きます。漆は生き物だと言われるほど管理が難しく、朝塗った漆が夕方同じ塗り方をしても同じ色が出ないこともあり、とても繊細な仕事です。上塗師は長年の経験と感覚で温湿度を調整し、美しい仕上がりになるように細心の注意を払います。

 

研ぎ No.7

 

漆器づくりは、塗っては研いで塗っては研いで..を繰り返し行う作業ですが、研物は輪島塗の品格を左右する重要な役割を果たします。研ぎの作業は、まず器物に合った砥石を作るところから始まります。 研物の仕上がりは肉眼では出来栄えがわかりにくく、いくつもの品物を同じ厚さに均等に揃えて研ぐには長年の経験と熟練の技が必要です。繊細な形の見極めが要求されるからでしょうか、研物職人は昔からそのほとんどが女性です。

 

下地塗 No.6

 

輪島塗の下地塗りは、漆に米糊と地の粉とを混ぜたものをヘラ付けしていきます。地の粉は最初に粒子の荒い一辺地、続いて二辺地、三辺地と、徐々に細かい粉を使用して繰り返し塗られ、下地付けごとに研ぎが行われます。塗りと研ぎの間は十分に時間を置いて品物を「寝かせる」ことで、漆が硬く締まり良い漆器になります。また、上縁などの損傷しやすい部分には、生漆を檜皮べらで塗る「地縁引き」を施して強度を高めます。

No.5

https://www.youtube-nocookie.com/embed/zv1hCUR2qWk?feature=oembed&autoplay=1&playsinline=1&start&end&wmode=opaque&loop=0&controls=1&mute=0&rel=0&modestbranding=1

輪島塗の最大の特色である「地の粉」 地の粉とは、輪島市内で採れる珪藻土を蒸し焼きにしたものです。輪島塗の下地塗りは、漆にこの地の粉と米糊を混ぜたものをヘラ付けしていきます。珪藻土はガラス質でできていて非常に堅く、この特産の地の粉を使うことが輪島塗が非常に堅牢である所以と言われています。

 

No.4

 https://www.youtube-nocookie.com/embed/wXfzeLvtE9Q?feature=oembed&start&end&wmode=opaque&loop=0&controls=1&mute=0&rel=0&modestbranding=1

輪島塗の下地塗りはへらを使って行います。へらはアテの木(能登あすなろ)でできていて、器の形や部位に合わせて形を作り、椀一つに最低でも15本のヘラを使用します。下地職人にとってへら作りはとても重要な仕事で、柔らかさ、腰の強さなどを調整しながらその都度削って作ります。昔は親方が下地職人を採用するときに、目の前でへら削りをさせて腕がいいかどうか見極めたそうです。

 

No.3

https://www.youtube-nocookie.com/embed/n9v592lf5aA?feature=oembed&start&end&wmode=opaque&loop=0&controls=1&mute=0&rel=0&modestbranding=1

輪島塗の大きな特色の一つである「布着せ」 お椀の縁や底など、木地の弱い部分や傷みやすい部分に、漆を吸わせた布を貼って補強します。完成すると見えなくなってしまう工程ですが、ここをしっかり作っておかないと良い漆器になりません。

 

No.2

https://www.youtube-nocookie.com/embed/JMrRifPGIms?feature=oembed&start&end&wmode=opaque&loop=0&controls=1&mute=0&rel=0&modestbranding=1

木地固めは、木地に漆を塗っていく最初の工程です。仕上がった木地に生漆を塗り、木目に十分に浸み込ませて10日間以上寝かせます。文字通り漆でしっかりと木地を固め、木の動きを止めて次の工程に進みます。

 

No.1

 https://www.youtube-nocookie.com/embed/Y6wDbDsaP20?feature=oembed&start&end&wmode=opaque&loop=0&controls=1&mute=0&rel=0&modestbranding=1

輪島塗の製作は木地づくりから始まります。木地には大別して①指物②曲げ物③刳り物④挽物の4種類があり、それぞれ専門の木地師が製作にあたっています。 ここではお椀などを作る挽物の作業をご紹介します。 まずは伐り出された原木を製材し、長い時間をかけて十分に乾燥させた後、ろくろで木地を回転させながらカンナを使って挽きあげます。多くの品物を寸分違わぬ同じ形に仕上げるには、鋭い感覚と熟練の技が必要です。

 

 

 元動画

https://www.youtube.com/watch?v=ZPB4AlYI8NM

https://www.youtube.com/watch?v=k9PbedVuyeQ

https://www.youtube.com/watch?v=WVPE7gPoFWk

 https://www.youtube.com/watch?v=zv1hCUR2qWk

https://www.youtube.com/watch?v=wXfzeLvtE9Q

 https://www.youtube.com/watch?v=n9v592lf5aA

https://www.youtube.com/watch?v=JMrRifPGIms

 https://www.youtube.com/watch?v=Y6wDbDsaP20

 

 作り方

1.Youtubeのvideo アドレスをyoutubeの再生ページからとる。

2.ElementorでのVideo設定のある所に、そのリンクを埋め、

その再生設定設定をする。

自動再生        Y

PlayonMobile      Y

ミュート        N

ループ         N

プレーヤーコントロール Y

謙虚なブランディング  Y

プライバシーモード   Y

おすすめ動画    current Video Chan

3.そのページを表示し正しいことを確認し

  ページのソースを表示させる

  とうがいyoutubeリンクを拾い出す。

 

 

 

No.8

https://www.youtube-nocookie.com/embed/ZPB4AlYI8NM?feature=oembed&autoplay=1&playsinline=1&start&end&wmode=opaque&loop=0&controls=1&mute=0&rel=0&modestbranding=1 

 

 No.7

https://www.youtube-nocookie.com/embed/k9PbedVuyeQ?feature=oembed&autoplay=1&playsinline=1&start&end&wmode=opaque&loop=0&controls=1&mute=0&rel=0&modestbranding=1

 

 No.6  

https://www.youtube-nocookie.com/embed/WVPE7gPoFWk?feature=oembed&autoplay=1&playsinline=1&start&end&wmode=opaque&loop=0&controls=1&mute=0&rel=0&modestbranding=1